×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

環境ホルモン

環境ホルモンとは

環境ホルモンイメージ

ホルモンと言うのは、本来、内分泌腺から血液中に分泌して極めて微量で身体の生理機能に著しい作用を及ぼす物質を示します。「環境ホルモン」になる物質の存在が、近年マスコミ等で評判になるようになりました。  環境ホルモンと言うのは、人体に受け入れられれば、人体に生成されるホルモンと類似の仕事して、あるいは反対にホルモンの作用を阻害する機能をして、内紛秘界を撹乱すると思われている化学物質を示します。環境ホルモンは、「外因性内分泌撹乱化学物質」と呼ばれ、70種類ぐらいが確認されています。  環境ホルモンとして疑心されている化学物質のデピョイェとしては、ダイオキシン・PCB・ビスフェノール A・プタハ山エステル・ノ−ニルペニルドングがあります。ただこれらは、どこまでも「内紛秘界を撹乱する疑いがある」と言うことだけであって、現時点では、人体における影響を証明する明確な実験結果が出ているのではないです。

環境ホルモンについて

環境ホルモンイメージ

環境ホルモンだと疑心されている物質は世の中にたくさんありますが、疑いがある物質であり断定ではありません。 人体に及ぼす具体的な影響に対しても、まだ細かいことまでは分かっていません。 しかし、「環境ホルモン 」と言う言葉がポピュラーになってしまった今は、 やっぱり環境ホルモンに対して不安を感じる方も少なくないのではないでしょうか。 環境ホルモンに対する明確な研究結果が出ていない以上、環境ホルモンに対する具体的な対処があるのではないですが、 化学物質は基本的に人体においては異物です。化学物質をできるだけ体内に入れないようにする努力をしても、自分ひとりの力ではどうにも出来ません。 例えば環境ホルモンとしての疑心を受けている、ビスフェノール A・フタル酸エステルは、 高温の食べ物を入れたプラスチックの食器からとけ出すことが知られています。例えば熱々のたこ焼きをプラスチックの容器に入れたときなどです。 気になる方は、プラスチックの食器の取り扱いから気をつけるようにしましょう。

メニュー

代表的な環境ホルモン。ダイオキシン、DDT、PCB、ビスフェノールA、 ノニルフェノール、フタル酸エステル、有機スズ、 スチレンダイマー、スチレントリマー、合成エストロゲンなどで、このほかにも70種類ほどが存在します。

地球温暖化に関する無料レポートはコチラ

環境ホルモンイメージ 環境ホルモンイメージ 環境ホルモンイメージ